読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎと小さな怪獣のおはなし

ゆるりと素敵に暮らしたいけど実際は毎日育児にドタバタなアラサーのブログです。老後の夢は旦那と2人でキャンピングカー暮らし!

体験談。話題のスマ婚口コミ②

f:id:miyamoto-usagi:20150415080709j:plain




では実際にどの式場に決めれば良いのか。

1番重要なところですよね。



雑誌やネットなどを駆使し

自力で各々の式場の詳細を調べてコンタクトを取るのも手ですが、

ブライダルサロンに行きプロの力を借りて

自分たちに合った式場を実際に紹介して貰うのも良いと思います◎




お馴染みのゼクシィや最近CMで見かけるスグ婚は紹介会社になるので、

合う式場を紹介〜成約までのみしてくれるサービスになります。

なので実際に準備から式当日までを取り仕切ってくれるのは式場側になり、

かかる費用もそれぞれの式場によって変わってきます。

(ゼクシィネットと違い、スグ婚は半年以内に式を挙げたいカップル向けです。)





一方で、いま話題の「格安婚」と呼ばれるスマ婚や楽婚、

その他ジュエリー店や百貨店などに併設してあるブライダルサロンは

準備から式当日までの全てを取り仕切ってくれるプロデュース会社になります。



格安婚に関しては、会場によって多少の金額の差はありますが

ある程度プランが決められているので費用も明確な点が多いです。


余談ですが、こうした”格安婚”が生まれた理由は

「晩婚化やオメデタ婚の増加により、

年々、結婚式を挙げるカップルが減少してきているから」だそうです。



2011年に結婚した夫婦の数が約67万組に対して

実際に式を挙げたカップルは35万組。
経済産業省「特定サービス産業実態調査」)


式を挙げるカップルが少なくなると式場側は収入を維持する為

カップル一組から徴収する費用を上げざるをえません。


2005年の平均単価が291万円に対し、2011年は350万円と

毎年10%程度結婚式費用が増えているそうです。
(ゼクシィ結婚トレンド調査2011年度版より)


費用がこんなにも高くなると、結婚式を挙げるカップルが減ってしまいますよね。

そこで、ブライダル業界の衰退を食い止めようと立ち上がったのが、格安婚です。


「格安」=「ワケ有り」という意味ではなく

あくまで「費用を適正価格で結婚式を挙げる」という意味です。



ちなみに最終的に私達がお願いしたのが、スマ婚さんです◡̈♥︎


スマ婚については次の記事で詳しく書いてみようかなと思います。